仙台は一大学都エリア、不動産売却のロケーションも大切

宮城県の中心部に位置する仙台市には、大学、短大、高専などの高等教育機関が多く、学生だけでも85,000人が通学をしている学生の多いエリアと言われています。

人口に対する学生比率をみると、京都市、福岡市、東京23区に次いで4位になるほどの学生ゾーンです。

仙台エリアの大学は、国立大学である東北大が地元占有率が低いとされていて、仙台以外から大学進学のために仙台入りする学生が多いことを物語っています。

仙台以外から大学入学と同時に仙台入りする新大学生は、賃貸物件を物色することになります。

一方で私立大の方は東北エリア内から進学する生徒が多いとも指摘されています。

不動産売却では立地条件によって、こうした学生層を見越した投資物件として不動産を物色する層もあるというわけです。

こうした学生向けの賃貸物件は投資物件としても人気が高く、不動産売却でキャピタルゲインも期待できるということから、投資物件の売買も盛んにおこなわれているエリアでもあります。

学都仙台との別名を持つ仙台エリアは学生の街。

学生向けの物件は少なくありません。

不動産売却では同ランクの物件が多く市場に出ると、激戦になって売却プラン次第では上手な不動産売却にならないケースも。

やはり不動産屋選びが重要になります。

成功する不動産売却をめざすなら、仙台エリアはロケーションやタイミングも重要になってきます。

学生向けの物件の場合、各大学などの教育機関へのアクセスが良い場所は人気も高くなります。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.